肝臓の機能維持や糖尿病改善方法~ケン子ちゃんの健康法~

ノックアウト!

早い治療が大切

そもそもどんな病気なのか

男性

糖尿病は乱れた食生活の結果に疾病する「贅沢な病気」という誤認識があるようですが、先天的な遺伝体質に起因するタイプの糖尿病も存在します。糖尿病それ自体よりも、そこから併発される合併症が身体の様々な機能に障害を及ぼします。初期段階から生活習慣の改善を含めた治療が必要です。 現在、糖尿病の治療は、合併症を併発させないように血糖値を良好な状態にコントロールすることが主流となっています。つまり、糖尿病治療はさらなる合併症の予防となります。糖尿病の治療は、特に自覚症状が感じられない早い段階科から始めることがもっとも効果的とされます。

具体的な治療の方法とは

糖尿病治療には、大きく三つの方法があります。 まず、食生活を根本的に改善する「食事療法」があります。血糖値のコントロールには、余分なカロリーを摂取することが最大の障壁となります。標準体重を越える肥満気味の体型は、まずダイエットするための食事療法を行います。体型維持ができたら、血糖値を良好な状態に維持するための食事療法を持続させます。 次に、「運動療法」があります。体内に取り込んだ余分なカロリーを燃焼させるには身体を動かす運動療法が必要となります。糖尿病は末梢神経などに支障きたす神経障害が合併症として知られています。運動療法により手足を動かして脚先や指先の感覚を維持することにも効果があります。 三つ目は、「薬物療法」です。血糖降下剤など内服薬を服用して血糖値のコントロールを行います。また、定期的なインスリン注射による血糖値のコントロールが最も効果的な薬物療法とされ地ます。